• お問い合わせ
トップ   >    診療科のご紹介   >    乳腺外科
  • 患者様・ご家族の皆様へ
  • 診療科のご紹介
  • 病院概要
  • 医療関係者の皆様へ
  • 交通アクセス

乳腺外科

img

患者さまと距離の近い乳腺外科を目指します。

日本乳癌学会の認定施設として、乳癌専門医や乳癌認定医が常勤しております。
また、神奈川県ではごく少数しかおりません乳癌認定看護師も勤務し、レベルの高い医療を実践しています。

総合病院のため、他科の先生と連携して診療を行うことがますので、的確で安心な医療をご提供しております。

乳腺外科の治療方法

乳がんの性質や進行度に合わせて治療法が選択されます。治療は、局所治療と全身治療に分けることができます。

局所治療とは乳房に存在するがんを切除して取り除き、他の部位への進行を極力防ぎます。乳房部分切除(乳房温存手術)や乳房切除術(乳房全摘術)などがあります。
全身療法とは、薬を全身にくまなく行きわたらせ、どこかに潜んでいるかもしれない乳がん細胞をやっつけてしまおうというものです。
内分泌療法(ホルモン療法)と化学療法があります。化学療法には、術前化学療法、術後化学療法、転移や再発乳がんに対する化学療法があります。

外科が対象とするおもな病気や体の部位

img

乳がんや良性乳腺疾患の診断と治療を専門に診療を行っております。
乳がんの治療方針に関しては、当院オリジナルのパンフレットを作成しております(1階売店で販売中)。

  • 乳がん(非浸潤癌や浸潤癌などの悪性腫瘍)
  • 乳腺症、線維腺腫、葉状腫瘍、乳管内乳頭腫、乳腺炎などの良性疾患
  • 人間ドックや横浜市の乳がん検診及び検診で要精査となった方の精密検査

こんな症状のときは受診をしてください

  • 乳房のしこり
  • 乳頭からの異常分泌(特に血液や黒色の分泌)
  • 乳房の発赤、熱感
  • 乳頭のへこみ
  • 皮膚のくぼみ
  • わきの下(腋窩)のリンパ節のはれ

受診時のアドバイス

セカンドオピニオン外来遺伝性乳癌相談外来を自費診療で行っております。ご希望の方は外科外来に問い合わせください。

お問い合わせ

045-921-6111 内線2733(外科外来受付)

乳腺外科で行なっている主な検査

マンモグラフィと乳房超音波検査

当施設はマンモグラフィ検診精度管理中央委員会の画像認定施設です。
認定を受けた読影医6名、講習を受けた放射線技師4名が常勤しています。乳がん検診は画像認定・読影医・放射線技師の3部門が全て揃う施設が望まれます。
マンモグラフィ検査や乳腺エコー検査は女性技師が担当いたします。

超音波ガイド下マンモトーム生検

img

当院では、良性や悪性の診断、乳がんの拡がり診断、良性腫瘤の摘出を目的に超音波ガイド下マンモトーム生検を積極的に行っています。マンモトーム生検により、大きい傷を残す外科手術を減らすことができました。
当院でこの検査を受けた患者さまは、2013年3月に1,000例を超えております。

センチネルリンパ節生検

センチネルリンパ節とは、乳がんが転移する第1番目のリンパ節です。
当院では手術の前にセルチネルリンパ節生検(1泊2日の入院)を局所麻酔で行っています。ラジオアイソトープ(RI)と色素を併用した生検方法で、傷が小さく精度の高い検査を実践しています。

当院の乳がん手術件数

img
  • 当院の乳房温存率は61%(平成24年)です。
  • 乳房温存術が困難な場合、乳房再建も積極的に行っておりますのでご安心ください。
  • 乳がん手術後の乳房再建は、ブレストサージャリークリニックや当院形成外科の先生にご協力いただいています。
  • 乳がんの再発リスクを乳がん細胞の遺伝子で調べるオンコタイプDX検査を自費診療で行っております。化学療法(抗がん剤治療)を行う必要性があるか個別的に判断することが可能です。

現在参加中の臨床試験

当院では、全国レベルで行われている乳がん治療に関する臨床試験に積極的に参加しております。

JBCRG 10
手術可能なHER2陽性乳がんに対する術前化学療法のランダム化第Ⅱ相比較試験
JBCRG 09
ホルモン受容体陽性かつHER2陰性乳がんに対するの術前化学療法のランダム化試験
N-SAS BC 06
レトロゾールによる術前内分泌療法が奏功した閉経後乳がん患者に対する術後療法のランダム化比較試験
JBCRG C-05
HER2陰性の手術不能又は再発乳癌患者を対象としたベバシズマブとパクリタキセルの併用療法の有用性を検討する観察研究

研修医のみなさまへ:後期研修プログラムについて

当科では乳がんの診断から治療まで、しっかりとトレーニングすることが可能な施設と考えております。
また、当院の消化器一般外科の研修医にもマンモグラフィ読影医の資格取得を目指して頂きます。お気軽にお問い合わせください。

  • 当科は外科チームと共同でカンファレンスを行っております。消化器一般外科のトレーニングももちろん可能です。
  • 日本乳癌学会の認定施設ですので、外科専門医取得後に乳癌認定医や乳癌専門医の申請が可能です。
  • 隔週の木曜日に薬剤部、看護部、検査科、放射線技師のスタッフと乳腺カンファレンスを行っており、乳腺外科医師とメディカルスタッフとの連携を図っております。

医師紹介

櫻井 修 (さくらい おさむ) (乳腺外科部長)

櫻井 修 (さくらい おさむ) (乳腺外科部長)
資格 日本外科学会 専門医、指導医、認定医   
日本乳癌学会 専門医、認定医   
マンモグラフィ検診精中委 MMG読影医
役職 横浜市マンモグラフィ検診判定委員会 委員  
横浜市乳癌検診協議会 委員
横浜市医師会 会員

小野田 敏尚 (おのだ としなお)

小野田 敏尚 (おのだ としなお)
資格 日本外科学会 専門医   
日本乳癌学会 認定医   
マンモグラフィ検診精中委 MMG読影医

本田 朱麗 (ほんだ あけり)

本田 朱麗 (ほんだ あけり)
資格 日本外科学会
日本乳癌学会
マンモグラフィ検診精中委 MMG読影医

堀切 愛

専門分野 乳腺外科
主な学会活動 日本外科学会
日本麻酔科学会
日本乳癌学会

非常勤医師

櫻井 修

資格 日本外科学会 認定医・専門医・指導医
日本乳癌学会 認定医・専門医・指導医
役職 横浜旭中央総合病院 乳腺外科 元部長

阿部 江利子

資格 日本外科学会 認定医・専門医
日本乳癌学会 認定医・専門医
聖路加国際病院 乳腺外科 クリニカルフェロー終了
ページトップに戻る