• お問い合わせ
トップ   >    病院概要   >    部署案内   >    薬剤部
  • 患者様・ご家族の皆様へ
  • 診療科のご紹介
  • 病院概要
  • 医療関係者の皆様へ
  • 交通アクセス

薬剤部

ごあいさつ

当薬剤部では、日々進化する医療において「変化は進化・維持は退化」と捉え、部員一丸となって医薬品の責任者として薬剤師が患者のQOL向上に寄与することを使命としています。

そのためにも薬剤部の中央業務である調剤や注射調製、医薬品情報管理はもとよりすべての病棟に専任薬剤師を配置し、入院患者様の薬物療法を積極的に支援する体制で取組んでいます。

また、病院全体としてそれぞれの専門性を持ち寄って集学的な医療を行うため、AST/ICTやがん化学療法、NST、糖尿病など多くのチーム医療の一翼を担っています。

そして薬学教育への貢献として薬剤師を目指す学生の実務実習を積極的に受け入れ、次世代を担う薬剤師教育にも取り組んでいます。

薬剤部長 亀村 大(薬剤師)

神奈川腎と薬剤研究会 顧問
東京都病院薬剤師会医薬情報部プレアボイド推進小委員会委員
日本病院薬剤師会、神奈川県病院薬剤師会、東京都病院薬剤師会、
日本化学療法学会

薬剤部長

薬剤部の使命

構成および資格取得状況

薬剤師数 〈常勤〉26名、〈非常勤〉5名
アシスタント 9名
主な専門・認定資格者数
  • 感染制御認定薬剤師 2名
  • 外来がん治療認定薬剤師 1名
  • 腎臓病薬物療法認定薬剤師 1名
  • 腎臓病療養指導士 1名
  • NST専門療法士(薬剤師)4名
  • 日本糖尿病療養指導士 2名
  • 日本救急認定薬剤師 1名
  • 小児薬物療法認定薬剤師 1名
  • ACLS Provider 1名
  • BLS Provider 2名
  • 認定実務実習指導薬剤師 2名

患者様自身が薬物療法に参加できるよう支援します。

当院では、安心して手術や薬物療法を受けて頂くために、入院時から患者様やご家族の方にお会いして、お薬に関する説明や相談対応などを行っています。入院中の効果や副作用のこと、退院後の服薬のことも含め患者様ひとりひとりに適した薬剤の提案、内容や使い方、管理方法などを説明し、患者様自身が薬物療法を理解し、積極的に治療に参加できるよう支援しています。

医薬品の安全管理に取り組んでいます。

医薬品は、時に正しく使用していても副作用が起こることがあるものです。また、使用方法によっても大きな問題を起こすことがあります。そのため医薬情報担当者は最新の医薬品情報を収集し、緊急時に即座に対応できる体制をつくると共に、副作用発生情報の管理などを行っています。医薬品情報担当者と患者担当薬剤師とが連携して、適正な使用方法や副作用情報の提供や指導を行い、医薬品の安全管理に努めています。

薬事委員会事務局からのお知らせ

採用薬一覧

薬事委員会からのお知らせ

がん化学療法に関する薬薬連携への取り組み

当院では、がん化学療法による治療の質を向上させるため、保険薬局・医療機関の関係者を対象に、「がん化学療法情報提供書」の交付、「がん化学療法連携シート(トレーシングレポート)」の受付、がん化学療法レジメンの公開等を行っています。本件に関する問い合わせは、当院薬剤部までご連絡下さい。

がん化学療法情報提供書について

当院では、点滴抗がん薬を投与される患者さまに「レジメン内容」、「実施状況」、「臨床検査値」、「有害事象の発現状況」等を記載した情報提供書をお渡ししています。情報提供書及び公開しているレジメンを基に薬局での薬学的管理・服薬指導にお役立て下さい。

「がん化学療法に関する情報提供書(例)」(PDFファイルリンク)

また、がん化学療法初回実施時には「薬薬連携に関するご案内」をお渡ししています。併せてご確認下さい。

「薬薬連携に関するご案内」(PDFファイルリンク)

がん化学療法連携シート(トレーシングレポート)について

当院では、患者さまに対する質の高い医療の提供を目的として保険薬局との連携を強化し、連携充実加算を算定しています。調剤後、緊急性がないGrade2以上の有害事象を確認した場合はがん化学療法連携シート(トレーシングレポート)でご連絡をお願いします。安全な化学療法の実施にご協力をお願いいたします。
なお、FAXによる情報伝達は、疑義照会ではありません。緊急性のあるものは通常通り電話にて疑義照会をお願いいたします。

「がん化学療法連携シート」(トレーシングレポート)(PDFファイルリンク)

医療関係者に向けた化学療法レジメンの公開について

外来での抗がん剤治療の質を向上させるため、医療関係者(医師、薬剤師、看護師)を対象に、がん化学療法レジメンの一部を2020年3月より公開しています。公開の目的をご理解の上ご活用ください。
レジメンは臓器別に公開しています。
本件に関する問い合わせは、当院薬剤部までご連絡下さい。

がん化学療法レジメン

横浜旭中央総合病院で施行されるがん化学療法はレジメン審査委員会で審査・承認されています。本サイトでは医療関係者(医師、薬剤師、看護師)を対象に、当院でがん化学療法を受ける患者様の適正な投与管理を目的としてレジメンを公開するものです。
一般の方への情報提供ではないことをあらかじめご了承下さい。
なお、投与量、投与スケジュールは、患者様の状態によって変更される場合があります。本サイトの目的を理解した上で、レジメンを閲覧する場合は下記のリンクよりご覧ください。

チーム医療で早期退院・早期治療を目指します。

医療が高度化する中で、検査・診断・看護・薬物療法・社会資源のサポートなどをそれぞれの専門職が一丸となって支えています。

抗菌薬適正使用支援チーム(AST:Antimicrobial Stewardship Team)
感染対策チーム(ICT:Infection Control Team)

病院は、感染症の患者様が入院しているのと共に、免疫低下等により感染症にかかりやすい患者様もいる空間であり、感染症の治療とともに、感染症を拡げないための対策に取り組んでいく必要があります。薬剤師も、抗菌薬の提案などを行うAST(Antimicrobial Stewardship Team)、消毒薬の扱いなど予防に関わるICT(Infection Control Team)、の一員として活動を行っています。

感染制御認定薬剤師

栄養サポートチーム(NST:Nutrition Support Team)

週に一回、多職種が集まりカンファレンスを行っています。薬剤師は処方提案だけでなく、飲みやすい剤形の選択や副作用情報の提供といった職種の強みを発揮し、患者様の栄養状態改善に貢献しています。

NST専門療法士
(薬剤師)

褥瘡対策チーム(PUT:Pressure Ulcer Care Team)

本来の入院目的である疾病治療が円滑に実施されるように、週1回ラウンドを実施し褥瘡の処置や環境調整を行っています。ラウンドでは医薬品の評価や助言を行い、褥瘡の予防及び早期回復を推進するために活動しています。

PUT 担当薬剤師

緩和ケアチーム(PCT:Palliative Care Team)

薬剤師はチーム内での薬物療法の専門家として活動しています。緩和ケアが必要な患者は多くの薬を内服していることもあり、患者の状態や訴えに対して薬学的視点(用量や有効性、妥当性、副作用、相互作用、禁忌)からアセスメントし提案しています。

PCT担当薬剤師

糖尿病療養チーム

糖尿病教育入院を対象に行われる多職種カンファレンスへの参加と薬物治療についての講義を担当しています。外来患者様向けにも、月1回糖尿病教室を開催し、患者様本人だけでなくご家族も含めてセルフケアができるような活動を行っています。

日本糖尿病療養指導士

がん化学療法室

医師や看護師と連携しながら個々の患者様に応じた治療内容や投与量の確認、全患者様に対する継続的な服薬指導を行っています。また、レジメン管理や外来化学療法室の運営など病院としての活動にも積極的に関わっています。

外来がん治療認定薬剤師

教育・インターンシップへの取り組み

超高齢社会に対して求められている薬剤師とは、医療安全の視点や薬学的なケアだけではありません。より早期に在宅復帰するために、チームで医療をすることが重要だと考えています。そのため、既存の薬剤師への教育も学術的なことだけではなく、他の専門職と協働し、早期に在宅に向けた薬学的なケアを行うことで臨床から学ぶことを励行しています。また次世代を担う薬学生の実務実習やインターンシップも、チームの一員としての薬剤師業務を実習して頂き、医療人としての視点を持った学生教育を目指しています。

2018年度 院内研修講師実績

学会・執筆・論文投稿などの実績

論文投稿・執筆等の実績

透析患者のポリファーマシー問題と対策

  • 本当にあったポリファーマシーの問題事例
  • 薬物相互作用により血圧コントロール不良で降圧薬が多剤併用されていた事例
  • 折本 小夜子
  • 透析ケア 株式会社メディカ 2019年3月号

リスクマネジメント~院内での薬剤師の活動~

  • 「抗がん剤汚染報告から見た汚染発生要因と汚染処理」
  • 川田 史朗
  • 医薬ジャーナル 2016年12月号 Vol.52 No.12

腎臓病薬物療法ベーシック

  • 血圧目標値は?
  • RAS阻害薬の次の選択薬は?
  • 牧野 以佐子
  • 調剤と情報 8月臨時増刊号じほう 2015年8月 Vol.21 No.10

薬剤師の立場から

  • CKD診療のなかで降圧薬服用患者にどう対応したらよい?
  • 牧野 以佐子
  • あなたも名医!透析まで行かせない!CKD診療 日本医事新報社 Juned29

特集:検査値・症状から「コレがあやしい」に気づく!

  • 透析患者のくすりと副作用 8、尿酸値が高い!
  • 牧野 以佐子
  • 透析ケア 株式会社メディカ 2013年Vol No10

学会発表等の実績

平成30年度

当院における腎機能評価と薬剤部による薬学的管理への考察(第二報)
  • 本田陽子 関戸茜衣 東垂水裕和 松丸美佳 川田史朗 牧野以佐子 前田拓哉 三上二郎 横浜旭中央総合病院 薬剤部
  • 日本病院薬剤師会関東ブロック第47回学術大会 2018年8月26日 茨城
糖尿病教育入院の導入から見たチーム医療の必要性と成果
  • 田中淳仁 水原弘瑛 相澤雅子 本田陽子(薬剤部) 西村圭子(糖尿病内科) 石川香織(栄養科) 小南直(看護部) 高久史織(検査科) 東垂水彩奈(理学療法士)
  • 第45回 IMSグループ学会 2019年2月23日東京

平成29年度

地域包括ケアシステムに向けての薬薬連携における新たな試み
  • 田中淳仁 小野陽子 松丸美佳 千葉晶子 小田切正美 牧野以佐子 前田拓哉 三上二郎 横浜旭中央総合病院 薬剤部
  • 日本病院薬剤師会関東ブロック第47回学術大会 2017年8月26日 群馬
当院における腎機能評価と薬剤部による薬学的管理への考察(第一報)
  • 本田陽子 関戸茜衣 東垂水裕和 松丸美佳 川田史朗 牧野以佐子 前田拓哉 三上二郎 横浜旭中央総合病院 薬剤部
  • 日本病院薬剤師会関東ブロック第47回学術大会 2017年8月26日 群馬
病棟薬剤師による抗菌薬処方後監査とフィードバックを取り入れた Antimicrobial Stewardship(AS)の取り組みとその評価
  • 竹川七生1)大畠雅子1)関戸茜衣1)小田井剛2)牧野以佐子1)前田拓哉1)三上二郎1) 1)横浜旭中央総合病院 薬剤部 2)リウマチ科
  • 第26回日本医療薬学会年会 2017年11月3日 京都
誤嚥性肺炎患者における胃酸分泌抑制薬の服用状況について
  • 中原大貴1)前田悠佑1)樋口麻貴2)大島佑佳里3)浅井亮平4)鈴木哲太郎5)高田康裕4) 1)横浜旭中央総合病院 薬剤部 2)栄養科 3) 看護部 4)内科 5)外科
  • 第33回 日本静脈経腸栄養学会 学術集会 2018年2月22日 神奈川
関節リウマチを合併する肺がん症例にニボルマブを投与した1例 ~irAEsに対するステロイドによりPCPを発症~
  • 川田史朗1)大坪すみれ1)本多義弘1)渡部峰明2)牧野以佐子1)前田拓哉1)三上二郎1) 1)横浜旭中央総合病院 薬剤部 2)呼吸器内科
  • 日本臨床腫瘍薬学会 学術大会2018(第7回) 2018年3月17日

» 採用情報〈薬剤師〉

ページトップに戻る